空想科学読本14を子供のために買いました

IMG_1083

中学生の長男が、学校で、朝に本を読む時間があるからということで、
空想科学読本14「全キャラ対決!どっちがすごい」を買いました。

読書の時間ということなので、普通は、夏目漱石の坊ちゃんとか、太宰治の人間失格とか・・・
ま、文学作品を!ってことになるのでしょうが、
小説とか字が多いものならいいよ!ってことだったそうなので、これに決まりました!

内容は、ご存知の方も多いと思いますが・・・

・剣豪対決!斬れないものはない!ゾロと五エ門の真剣スゴ腕比べ!
・ゴルゴ13と次元大介、射撃の腕前はどちらが上?
・セーラームーンとプリキュア、少女戦士として優れているのはどっち?

など、まぁ、大人のわたしでも興味津々なネタばかり、今は無き「ほこたて」のような感じです。

その中でも、わたしが気になったのは、

・ケンシロウと範馬勇次郎、人類最強はどっち?

です。

昭和の男にしかわからないようなネタですが、
ケンシロウは、北斗の拳でおなじみの最強の男、
範馬勇次郎は、バキシリーズでおなじみ、バキのお父さんです。

バキのことを知らない人のために簡単に説明すると、
範馬勇次郎は、地球に生を受けたその瞬間、生物界におけるピラミッドの頂点に君臨。
一人で、米軍の一個師団の兵力に匹敵し、その強さゆえに、アメリカが範馬勇次郎個人と平和条約を結んだほどです。
刃牙が好きなので、熱が入りすぎました・・・
どれくらい強いかはwikipediaなど、見てみてください。

で、対決の内容は、
どっちがどれくらいでかい敵を倒してる?とか
ケンシロウの秘孔つきは、勇次郎に効くのか?みたいな話を無理やり科学的に論じられています。

荒唐無稽な話ですが、中学生には夢がありますね!

ま、本=漫画みたいな毎日をほぼ送っているうちの長男にとって、活字に触れあういい機会なので、いいのかな?と思います。

学校的にも、先生から「別にいいんじゃない!」って言われてるようで、良いみたいですし・・・
→空想科学読本をAMAZONでチェック
※空想科学読本シリーズは、かなりあります!昔のシリーズものなら、中古ですけど、amazonで1円とかであります。
送料257円は必要ですが・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です